映画「シックス・センス(1999)」の感想など(ネタバレあり) | ゆる〜く映画つっこみ感想

スポンサーリンク

RSS | ATOM | SEARCH

映画「シックス・センス(1999)」の感想など(ネタバレあり)

スポンサーリンク

映画「シックス・センス(1999)」の感想など(ネタバレあり)

 

≪あらすじ≫

精神科医のマルコムは、かつて担当していた患者の凶弾に倒れてしまう。その後マルコムは、複雑な症状を抱えた少年コールの治療に取り掛かるも、コールは特殊な“第6感を持っていた。

治療しながら、コールによって自らの心も癒されていくマルコム。そして彼には予想もつかない真実が待ち受けていた……。

 

以下ネタバレokの方はスクロールを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

監督 M・ナイト・シャマラン

 

出演 ブルース・ウィリス

   ハーレイ・ジョエル・オスメント

   オリヴィア・ウィリアムズ

   トニ・コレット

   ドニー・ウォルバーグ

   ミーシャ・バートン

   M・ナイト・シャマラン

   トレヴァー・モーガン

   ブルース・ノリス

 

 

 

 

 

どこで気付く?最後まで騙された?

 

超有名などんでん返し映画「シックス・センス」
有名な冒頭「この映画にはある秘密があります。まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい」の通り、マルコムが幽霊だったと言うどんでん返しが。
この映画「シックス・センス」でマルコムが幽霊って事にどの辺で感づいたか、もしくは全く気付かなかったか人によってかなり印象が変わるよね。

 

  • 枕元に近づいたら妻が毛布をかぶる→幽霊の冷気か?
  • コールのママとマルコムが対面して座ってるシーン
  • レストランでの妻の超絶無視シーン
  • 「死んだ人間が見える」告白中にコールがマルコムを見る目、表情
  • マルコム「私にはなにも見えない」→霊同士は見えない

 

と、他にも感づく場面はいっぱいあるんだろうけど、この映画「シックス・センス」を当時初見の自分が最初に感づいたのは妻の超絶無視シーン
関係がギクシャクしてる時の女特有の無視と思わせて…ってことなんだろうけど、やっぱ不自然な違和感。
それを受けてからの、コールの告白シーンの表情でやっぱりマルコムが幽霊だと確信した感じ。

 

まぁそれも「この映画にはある秘密があります。まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい」って冒頭があるからこそ。
ここまで意味深なこと言われたら、自分みたいなひねくれた人間は「その秘密とやらを上映中に絶対見つけてやる!!」って意地になるんだよ。さらにホラー映画っていう前情報もあるし。

 

マルコムが撃たれた時点で気づいたぜ!!っていうもっと疑い深くて鋭い人もいたけど、せっかくの上質などんでん返し映画「シックス・センス」なんだから、冒頭の「この映画にはある秘密があります。まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい」は言わないでほしかったなぁ。
やっぱどんでん返しは、まんまと騙された時の一本取られた感を味わいたいんだよ。

 


「シックス・センス」ラストシーン・感想

 

コール(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は母親に秘密を打ち明けて理解を得る。マルコム(ブルース・ウィリス)は自分が霊だと気づき、コールを救えたことで成仏したのだった。


映画「シックス・センス」は初見じゃなくても、マルコムが霊だと知りながら見てもまた別の面白さが。数ある伏線探しはもちろんだけど、

  • マルコム「コールは統失だ」←お前が死んでるんだぞ。
  • マルコム「妻と元の関係に戻りたい」←お前死んでるから。

ってな具合になにも知らないマルコムが間抜けに見えて、言動全てに「お前死んでるから!!」の突っ込みを入れるのも楽しい映画「シックス・センス」

 

そしてどんでん返しばっかり注目されがちな映画「シックス・センス」だけど、最後には問題が全部解決して意外とハッピーエンド。
マルコムは死んでたとはいえコールを救えたことで、ヴィンセントを救えなかった心残りを解決できたし、コールも母親の理解を得る&霊との上手な付き合い方も学べたみたいだしね。

 

母親に毒物混入されてた少女だって、コールが父親にビデオを見せなければ妹まで同じ目にあってたわけで、これもうコールの将来は霊にやさしい霊能者で決定だね!!
 

スポンサーリンク

author:ゆる夫, category:映画・ホラー, 23:26
-, -